どうやって処理する?

無駄毛の処理方法:剃る・抜く編

自己処理での無駄毛の処理は大きく分類して剃る・抜く・脱色・除毛の4つの方法があります。いちばん多くの方が実践するのが「毛を剃る」です。清潔なカミソリで毛の流れにそって剃ります。毛を剃ると無駄毛が濃くなるとよく言われますが、これは毛の断面が目立ちそのように見えるだけで実際にさらに毛深くなることはありません。カミソリの刃に気をつければ、皮膚の表面に残る不要な角質まで取ることができます。ただ、皮膚表面に生えている毛を剃るだけなので剃った後の持続性はなく、またすぐに生えてきます。
次に「毛を抜く」です。脱毛テープやジェルを使って毛を抜きます。抜くときに痛みはありますが、毛根から抜くため仕上がりの良さは剃るよりも高く、持続性もあります。脱毛テープなどは一度に処理できる面積に限りがあることと肌への負担が大きいため、広範囲の処理やデリケートゾーンには適していません。

無駄毛の処理法:脱色・除毛編

「脱色する」「除毛する」は、どちらも薬品を使っての自己処理方法です。脱色する場合、市販の脱色クリームで毛の色を抜くので痛みもありません。クリームを塗り、指定された時間を待って洗い流す使い方のものが多いです。処理後の毛は金色に近い色味になり目立ちにくくなりますが、剃ったり抜いたりしたわけではないので毛はそのまま残っています。
除毛も、脱色と同じく市販の除毛クリームを使用します。脱毛クリームと呼ばれることもありますが処理方法や得られる効果に大きな違いはありません。処理したい部分にクリームを塗り、指定された時間放置をすることで毛を溶かして処理します。放置後はふき取ったり洗い流して完了です。剃ったときと違い、溶かされた毛の断面が丸いので生えかけの毛がチクチクしにくいです。
脱色も除毛も、比較的強い薬品を肌に塗るため全く負担がないとはいえません。ですが、痛みや怪我の心配なくいつでも行えるので安心して処理ができます。

脱毛の費用にこだわるために、大手のファッション誌の特集をチェックしたり、各地のサロンのキャンペーンに申し込んだりすることが有効です。